Facebook

SNSで共有

〈ダイビング富士大会〉混合シンクロ10mで4位、個人10mで4、5位(詳報)

同胞たちが熱い声援、選手らは雪辱誓う

キム・ミレ選手の飛び込み

16日に行われた「FINA(国際水泳連盟)ダイビングワールドシリーズ2018・富士大会」(静岡県富士水泳場)の個人10mでキム・ミレ選手が4位(366.30点)、キム・グクヒャン選手が5位(358.55点)、混合シンクロ10mでヒョン・イルミョン、キム・ミファ選手のペアが4位(306.42点)の成績を残した。会場には、静岡初中の児童、生徒、教職員、静岡や東京の活動家と同胞らが駆けつけて声援を送った。

個人10mでは、まず12人が2組に分かれて準決勝を戦った。3位以内に決勝戦への切符が与えられる試合で、朝鮮選手はともに高水準の演技を披露して1位通過を決めた。とりわけキム・ミレ選手は自己ベストとなる合計385.65点をたたき出し、強豪国の中国の選手2人を抑えて決勝進出を果たした。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)