Facebook

SNSで共有

〈若きアーティストたち 136〉フルート奏者/朴優栄さん

「在日」を、自身の強みに/やっぱり大好きな音楽の道

朴優栄さん(本人提供)

京都中高のクラブ体験入部期間、「バスケ部に入るつもりでいたから、『他の部活を見れる機会は今しかない』という軽い気持ちで吹奏楽部室に足を踏み入れた」。そこで耳にした先輩たちのフルートの音色に強烈に惹きつけられ急遽「方向転換」した路は、今日、「フルートで食べていく」―そんな思いと共に朴優栄さんの目の前に果てしなく続いている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)