Facebook

SNSで共有

〈平昌パラリンピック〉北南実務会談、北の平昌パラリンピック参加を協議

代表団と選手団を派遣

朝鮮の第12回冬季パラリンピック参加のための北南実務会談が27日、板門店の北側施設統一閣で行われた。

会談には、北側から祖国平和統一委員会の黄忠誠部長を団長とする北側代表団3人と、南側から統一部の李柱泰交流協力局長を首席代表とする代表団3人が参加した。

朝鮮中央通信によると、会談で双方は北側がパラリンピックに参加する上での実務的問題を協議し、共同報道文を採択した。

共同報道文では、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)