Facebook

SNSで共有

〈平昌五輪〉「根っこは一つ」/北と南のテコンドー演武団、合同公演披露

報道によると、北が主導する国際テコンドー連盟(ITF)と南が主導する世界テコンドー連盟(WT)に所属する演武団が、平昌冬季オリンピックの開会式に続き、10日に江原道・束草で、12日にソウルで公演を披露した。

10日、江原道・束草で行われた公演の様子(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

ソウル公演では、朴元淳ソウル市長をはじめ、「共に民主党」秋美愛代表、リ・ヨンソンITF総裁、チョ・ジョンウォンWT総裁が公演を観覧した。開城工団関連企業をはじめとする250余人が招待された。

公演では、北と南がそれぞれの特色を生かした演武を披露。合同公演では、南のチェ・ドンソンWT演武団監督が構えた板を、北のソン・ナムホITF演武団監督が撃破し、がっちりと握手を交わした。観客は北南の演武団に大きな声援を送った。

「君たちが歴史を作った!」。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)