Facebook

SNSで共有

〈平昌五輪〉総聯同胞応援団が南朝鮮に到着

「民族の位相を力強く発揮したい」/総勢105人、熱烈な歓迎に統一旗を振り応答

【金浦発=鄭尚丘】総聯中央の裵益柱副議長を団長とする平昌冬季オリンピック総聯同胞応援団(第1次)が8日、南朝鮮に到着した。

総聯中央の裵益柱副議長を団長とする平昌冬季オリンピック総聯同胞応援団(第1次)が8日、南朝鮮に到着した

羽田空港を9時45分に出発した関東・東北地方を中心とする同胞応援団46人は12時15分に金浦空港に到着した。日本各地の空港を出発した同胞たちは、現地で続々と合流した。同胞応援団(第1次)は総勢105人で構成されている。

同胞応援団は、なごやかな笑顔を浮かべ、統一旗を手に、飛行場の到着ロビーを歩いた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)