Facebook

SNSで共有

ありふれた日常、みんなに/第17回「南北コリアと日本のともだち展」

「わたしの楽しい時間」

日本、朝鮮半島の北南、中国など、東アジア各国の子どもたちの絵を集めながら、交流を続けている第17回「南北コリアと日本のともだち展」(主催=同実行委員会)が2月16~18日、東京千代田区の「アーツ千代田3331」で開催された。ともだち展メンバーは、17年も北南朝鮮、中国・延吉を訪れ、現地のコリアンと交流を深めてきた。

朝鮮の子が描いた絵に自画像を貼りつけた

今年のテーマは「わたしの楽しい時間」。父親と飛行機に乗る時間、学校に向かう時間、花遊びをする時間…。朝鮮半島の北と南、中国、日本の子どもたちの絵150点が、来場者に語りかけるようなメッセージとともに壁いっぱいに鮮やかに展示され、フロアの一角では、平壌外国語大学生のビデオメッセージも流された。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)