Facebook

SNSで共有

「微笑外交」を分析

新年の辞から始まり北南間でいつになく融和ムードが高まる中、北側の意図について様々な憶測が広がっている。日本のメディアは大方、北の「微笑外交」は制裁と圧迫、孤立から脱するためだという見解を示している。果たしてこれをどう見るべきなのか春夏秋冬

▼17日に行われた在日本朝鮮社会科学者たちの研究討論会で基調報告をした社協中央の李英洙会長は、金正恩委員長が新年の辞で明らかにした戦略的構想と意図を総合的かつ新たな視点で解析した。「核武力の建設で収めた歴史的勝利を新たな発展の跳躍台にし、…革命的な総攻勢を繰り広げていかなければならない」という新年の辞のくだりの、「新たな発展の跳躍台」に焦点をあてて論理を展開した

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)