Facebook

SNSで共有

お祭り気分で楽しむ/埼玉初中アボジ会「1日給食」

体育館はお祭りのような盛り上がりを見せた

毎年恒例となっている埼玉初中アボジ会による「一日給食」が17日、埼玉初中で行われた。「ただの給食じゃなく一大イベントに」をモットーに、これまでも巨大のり巻き、巨大パエリア、マグロの解体ショーなど様々なメニューで年に一度、子どもたちの期待に応えてきた。今年のテーマは「縁日」。子どもたちがアボジたちと触れ合いながら、ワクワク楽しめるようにと豚丼を基本に、渦巻き型フライドポテト、フランクフルト、ポップコーンにアイスクリームなど、縁日でおなじみの料理を屋台形式で振舞った。子どもたちはお祭りに来たように嬉しそうにはしゃぎながら、アボジたちの作る特別な給食を楽しんでいた。

 とにかく楽しませたい

学校に集まったアボジたちは「料理って楽しい」とつぶやきながら、豚肉21kg、玉ねぎ70個、ポップコーン約23kgなど、普段みかけない280人分の具材を次々とさばいていた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)