Facebook

SNSで共有

朝鮮、平昌五輪に22人の選手を派遣/IOCが北南単一チーム承認 

IOC会長「朝鮮半島の明るい未来の扉を」

国際オリンピック委員会(IOC)は、20日、スイス・ローザンヌにあるIOC本部で、朝鮮、南朝鮮、第23回冬季オリンピック組織委員会を招いた4者会談を開き、2月9日に南朝鮮の平昌で開幕する同オリンピックへの朝鮮の参加を正式決定した。

朝鮮はスキー、アイスホッケー、スケートの3競技に22人の選手を派遣する。

開会式では、北南の選手が合同で入場行進をする。「統一旗」を掲げ、チーム名を「コリア」とする。合同入場は、07年の長春アジア大会以来、11年ぶり。

アイスホッケーの女子ではオリンピック史上初となる単一チームを結成するほか、国歌の代わりに「アリラン」を使用することが決まった。

IOCのトーマス・バッハ会長は会談後の記者会見で、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)