Facebook

SNSで共有

〈人・サラム・HUMAN〉ハッキョ支援ネットワーク・なら代表/淺川肇さん

信頼かさねる交流を

淺川肇さん

「ハッキョ支援ネットワーク・なら」の代表を務める。奈良県には、片道約1時間半をかけ、大阪府内の朝鮮学校に通う子どもたちがいる。同会と女性同盟本部では、キムチ販売の収益金を通学定期代の一部に充てる通学支援を行っている。

同会は「高校無償化」問題で結束した日本の有志たちによって10年4月に発足。無償化裁判の傍聴支援や朝鮮学校をアピールする街頭活動にも携わる。

民族教育支援に関わることで「在日の子どもたち一人ひとりの顔が見え、会うたびに大きく、たくましく育つ姿を見ることが、何よりの喜び」と淺川さん。

地域ぐるみで朝鮮学校を見守る温かい市民の視線とは対極に、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)