Facebook

SNSで共有

“圧巻のステージ、感動の嵐”/京都中高吹奏楽部、第12回定期演奏会

名門の明徳高校と共演

京都中高吹奏楽部の第12回定期演奏会「星々の交響〜朝・日の夜空に響け希望のメロディ〜」が昨年12月28日、同志社大学寒梅館で行われ、同胞や日本市民ら約500人が観覧した。演奏会には日本の京都明徳高校の吹奏楽部をはじめ朝・日のゲストが出演し、「輝く演奏」を披露した。

京都明徳高校との演目「銀河鉄道999 feat.未来に向かって」

星のように照らす

今回の演奏会のテーマは「星」。長い年月をかけて現在を照らしてくれる星のように、今日の同胞コミュニティーをつくった先代たちの弛まぬ努力に思いを馳せ、そして日本の人たちとともにまだ見ぬ未来を照らそうという願いが込められた。京都中高出身である朝鮮大学校の李英哲准教授が構成、脚本、演出を担当した。

演目には「星に願いを」「見上げてごらん夜の星を」や京都中高吹奏楽部顧問の李相大教員(35)作曲の「銀河の記憶」など、星にちなんだ曲が多く並んだ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)