Facebook

SNSで共有

深刻なヘイト被害、求められる禁止法/公開研究会「インターネットとヘイトスピーチ」

第2部での質疑応答のようす

20日、兵庫県西宮市の関西学院大・西宮上ヶ原キャンパスで、公開研究会「インターネットとヘイトスピーチ」が行われ、研究者や一般市民ら約50人が訪れた。

在特会や公人による罵詈雑言から、現在情報ツールとして主要を成すSNSを通じた差別発言やデマの流布まで、ヘイトスピーチ対策法施行(2016年)以降もなお、日本社会で深刻さを増す「ヘイトスピーチ問題」。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)