Facebook

SNSで共有

“闘わずして得られるものはない”/朝・日連帯の力で民族教育権を

全国5ヵ所で民族教育権をめぐる裁判が行われている。高校無償化問題においては、昨年に大阪で歴史的な全面勝訴判決を勝ち取った一方、広島と東京で国側の主張を書き写したような不当判決が言い渡された。今年は3月20日に大阪で補助金裁判の控訴審判決が、4月27日に愛知で無償化裁判の地裁判決が言い渡される。朝・日の有志たちは勝利を掴む日まで手を取り合い、闘い抜くことを誓っている。(李永徳、韓賢珠)

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)