Facebook

SNSで共有

草の根の国際交流を大切に/福岡県桂川町で「第32回サラム交流会」

桂川町で行われた交流会

福岡県筑豊の「強制連行を考える会」が主催する「第32回サラム交流会」が12月10日、桂川町総合福祉センター「ひまわりの里」で行われ、同胞、日本市民ら20人が参加した。

交流会は、草の根の国際交流を大切にし、今までに築きあげてきた繋がりをさらに強いものにすると同時に、料理や歌を楽しみながら語り合う場を作る目的で開催された。

当日、女性同盟から手作りキムチの差し入れがあり、朝・日食文化の交流も行われた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)