Facebook

SNSで共有

女性同盟京都の記録誌

「私は北海道の夕張炭鉱で働いていた父の娘として生まれ、父が落盤事故で入院していた1935年に一家が夜逃げして京都に来た」。女性同盟結成70周年に際して女性同盟京都府本部が発行した記録誌に掲載された「顧問たちが振り返る70年」で、孫永姫・本部顧問(86)はこう切り出した春夏秋冬

▼京都を選んだのは、舞鶴港から故郷の江原道に近いからだという。解放後故郷に帰る準備中、自分の名前くらいわからなければという父の勧めで15歳のときから朝聯高等学院で習い始めた。46年10月12日の女性同盟結成大会にも参加。70年間同胞女性たちと共に歩んできた。波乱万丈の人生を「苦労も多かったけれど誇りと生きがい、幸せな日々だった」と振り返り、一番の思い出は金日成主席と会見したことだと話した

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)