Facebook

SNSで共有

東大阪中級が中学ラグビー近畿大会で7年ぶり3位

第66回近畿中学校総合体育大会ラグビーフットボールの部(11月4日~18日)が京都府宝ヶ池公園球技場で行われ、東大阪中級ラグビー部が3位に入賞した。3位獲得は2010年度以来7年ぶり2回目(最高成績は07年度の準優勝)。

大阪府予選Bブロックで優勝し、大阪Bブロック代表として近畿大会に出場した東大阪中級は4日の1回戦で奈良代表の天理中学校と対戦。前半を0-17のビハインドで終え苦しい展開となったが、3年生らによる応援団の声援の後押しもあり後半猛攻をしかけ、見事逆転。24-17で勝利し準決勝に進んだ。

11月11日の準決勝では昨年度全国大会、近畿大会ともに優勝した京都第二代表の京都市立西陵中学校と対戦し、12-17で敗れた。

3年生部員らはこの敗戦を糧に、新たな目標として大阪朝高での全国大会優勝を誓った。

【東大阪中級】