Facebook

SNSで共有

りゅうすな展「ちいさな芽」/小さな者への優しいまなざし

ギャラリーには連日たくさんの人たちが訪れた

愛くるしい童画の数々を生み出した、りゅうすなさんの個展「ちいさな芽」が11月22日〜12月24日、さいたま市内のギャラリーカフェ「エソラII」で開かれ、たくさんの人々が会場に足を運んでいる。

ギャラリーには、作者の愛娘である3姉妹の幼少期を描いた絵画をはじめ、メルヘンチックな子どもの世界に民族色を散りばめた「わらべうた」「雨色ポジャギ」、在日1世の「ハンメ(祖母)とのおもいで」、粘土細工の「こどもたちのくに」「いろとりどり」など、絵画や立体作品合わせて約30点が展示された。ほかにもウェブ上で公開されたイラストが3冊のファイルブックに収められ、来場者の目を楽しませていた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)