Facebook

SNSで共有

労働新聞の論調

ICBM試射成功後、労働新聞の対米論調は虚勢を張るだけで情勢の急変に対応しきれていないトランプの無策ぶりを鋭く突いている。対朝鮮制裁強化に躍起になっているのも、劣勢に立たされた者の悪あがきに過ぎず「ゲームはすでに終わったのも同然」だといっている春夏秋冬

▼初のアジア歴訪を前にトランプは、共産党大会を終えた中国が対朝鮮圧力を強化することへの期待を示した。小国は大国の歯車と噛み合って回る小さな歯車だという発想で朝鮮と対峙すれば失敗する。歴史がそれを証明している

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)