Facebook

SNSで共有

コツコツと整理

朝鮮大学校卒業式で取材した青年が、出身地ではない他地方の朝青活動家になった。その活動家から本紙編集局宛に地域イベントの通信記事が何度も送られてきた。まだ若いのにがんばっていた。そのことを総聯支部委員長に伝えると、「私が書いて、彼に送らせている」とのことだった

春夏秋冬▼行事がどのように行われたか、文章をまとめて写真と一緒に送る作業は時間も労力もかかり決して簡単ではないと聞く。ただこの支部では総聯委員長がイベント終了後に記事を作成し、朝青活動家が送信している。「記事が出ると同胞たちが喜ぶ」と言う朝青活動家。今、朝青のイベントを行った後、朝青の機関誌に送っているそうだ

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)