Facebook

SNSで共有

〈国体・ラグビー〉大阪が“One Team”となり優勝/朝高4選手がチームに貢献

9月30日から10月10日にかけて愛媛県で「第72回国民体育大会」(国体)が行われている。少年男子ラグビー(10月1、2、4、5日、スカイフィールド富郷)では大阪と東京の地域代表に選出された朝高生4選手がチームに大きく貢献した。

「ホンマにいいやつら」

優勝の喜びに浸る大阪朝高の李承信、曺光成、金諒選手(左から)

大会は15チームによるトーナメント戦。大阪は1回戦で神奈川に35-7、2回戦で石川に12-7、準決勝で島根に42-14、決勝で京都に31-12で勝利し、優勝を飾った。

大阪府代表に選出された大阪朝高の曺光成主将(高3、PR/HO)、金諒選手(高3、FB)、李承信選手(高2、CTB)は全試合に出場。金選手が2トライを奪った一方、チーム唯一の高2である李選手は2トライ、14のコンバージョンキックを成功させた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)