Facebook

SNSで共有

同胞登山へ

クムコプ体育人総合食料工場と書かれた飴が休憩時間に一つずつ手渡された。「ここで平壌の飴を食べられるなんて」。そんな声が聞こえた数十分後、南朝鮮産の高麗紅参ゼリーが配られた。昼食は七輪で焼肉。それ以外にもそれぞれが持ち寄った一品料理が所狭しと並べられた。北と南、そして在日同胞の食べ物が胃の中で混ざっていく

春夏秋冬▼東京の同胞たちによる登山会に先日、初参加した。絶景が広がる秋の山で、たらふく食べた後でもすいすい下っていく健脚な高齢者、きれいな花をカメラに収める20代、久しぶりに同胞行事に出たというやや緊張気味の40代など、各界各層の同胞が大いに楽しんだ

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)