Facebook

SNSで共有

緊急討論会「北朝鮮危機と日本のなすべきこと」

村山元首相が呼びかけ

朝鮮半島に緊張状態が続く中、村山富市元首相(日朝国交促進国民協会会長)の呼びかけで、緊急討論会「北朝鮮危機と日本のなすべきこと」(主催=日朝国交促進国民協会)が11日、参院議員会館で開催された。討論会では、村山氏をはじめとする9人の専門家、研究者らが表題のテーマに沿って持論を展開。司会を和田春樹氏(東京大学名誉教授)が務めた。

各氏による発言が続いた

村山市は冒頭、「朝鮮半島をめぐる米国や周辺国の動きを見ながら、未だかつてない戦争の危機をひしひしと感じている」と危機感を露わにしながら、「戦争を放棄した国として、体を張って戦争を防止することが日本に課せられた最大の役割。不戦の意思を結集し、運動を展開すべく今日の会合を行うこととした」と趣旨を説明した。

村山氏が討論会を呼びかけた

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)