Facebook

SNSで共有

「重大報道」の反響

金正恩委員長がICBM搭載型の水爆を視察したというニュースが労働新聞の一面に掲載された日の正午、平壌でもわずかな揺れを感じた。水爆実験が行われた。朝鮮の核武力建設は完成段階に入り、さらに拍車がかかっている春夏秋冬

▼午後3時からの「重大報道」。朝鮮中央テレビは、まず朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会が同日午前に行われた事実を伝えた。視聴者はみな驚いた。党の最高意思決定機関の様子が写真と共に報道されるのは異例だ。5人の常務委員が参加した会議では、第7回党大会が示した国家核武力完成の完結目標達成の一環としてICBM搭載型水爆の実験を行う問題が討議された

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)