Facebook

SNSで共有

平凡だけど特別

本紙(21日付)で報じた在米同胞の千葉初中への支援金の背景には、朝鮮学校の素顔を映したドキュメンタリー映画「蒼のシンフォニー」(朴英二監督)の存在が絡んでいた。

春夏秋冬▼米国には約100万人とも言われるコリアンが暮らしている。しかし、異国生まれの2世、3世に自らのルーツを教え、自国の言葉や文化を伝える正規の「学校」は存在しない。それらは家庭に委ねられるか、習い事として「○○教室」に通うか、教会などで催される「日曜学校」で学ぶことになる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)