Facebook

SNSで共有

弱さ受け止め「今」と向き合う/神奈川中高アート集団「오늘-Onuru」の初展示「自己検閲」

崔在豪「存在」(その隙間から向こう側を覗いた図)

「成長とともに増えていく『常識』・『一般論』そして世間の目。型にはまっていく私。ふと、何にもとらわれず、自由に、のびのびと生きるその姿が、うらやましく感じた」(権景安「わたしと、」キャプションから)

第12回神奈川中高美術部部展であり、アート集団「오늘-Onuru」の初展示「自己検閲」が1日から7日にかけて横浜市民ギャラリーで行われた。同校の中級部2年生から高級部3年生までの13人で成されたアート集団「오늘-Onuru」。メンバーは「오늘-Onuru」という言葉に「『今日』、『今』を生きる自分たちだからこそできる表現をし、『今』の時代を生きる責任を果たしていくという思いを込めた」という。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)