Facebook

SNSで共有

オモニ会の取り組みでは初! 京都中高保健室がオープン(上)

「在特会襲撃事件」、子どもたちの不安、自己否定感をぬぐう

昨年度オモニ会通信に、年間4回保健室問題を掲載した

今年の2月、京都中高で保健室が開室した。

オモニ会の取り組みとしては初となる。京都に3校あるウリハッキョの中では3番目の開室。そう、「最後のヤマ」をクリアしたのだ。

京都で初めて保健室を開室したのが2015年6月。

正直、その時よりも喜びと感慨はひとしおだった。

京都初級(13年移転・新設)で、パイロットモデルとして始めた保健室事業は、今年で3年目を迎える。準備段階から関わって来たが、当初は「保健室」が必要とは思っていたものの「保健室」がないウリハッキョで学び過ごしてきた私にとって、「保健室」がもたらす意義を具体的に想像できていなかった。

しかし、15年11月から「保健室」が定期開室されるようになって、状況は変わった。「保健室」の意義が実感できるようになり、京都中高でも保健室開室を望む思いはより一層強くなっていった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)