Facebook

SNSで共有

悔しさ糧に全身全霊注ぐ/朴泰一選手、豪州で2度目のボクシング世界戦

大阪朝高出身でIBF世界スーパーフライ級3位の朴泰一選手(31、リングネーム=帝里木下、千里馬神戸ジム所属)が7月2日にオーストラリア・ブリスベンのサンコープ・スタジアムで行われる同級タイトルマッチに挑む。対戦相手は同級王者のジェルウィン・アンカハス選手(フィリピン)。14年7月に同級1位のゾラニ・テテ選手(南アフリカ)との世界戦に敗れた朴泰一選手は、2度目となる挑戦でリベンジを期している。

2度目の世界戦に挑む朴泰一選手

3年前に初めて臨んだ世界戦までは20戦19勝1分(3KO)と無敗を誇り、勢いのままに勝利を重ねてきた。「手強い相手と対戦しても、なんとかやり過ごせてこれた」。しかし世界の舞台を前にすると、かつてないプレッシャーを感じ不眠症に。コンディションを整えられないまま迎えた大一番では、大差の判定負けを喫した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)