Facebook

SNSで共有

常識外れの手

「人類対機械の最終決戦」と呼ばれ注目を集めた囲碁の対局。世界レーティング1位の柯潔九段(中国)と米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した人工知能(AI)「アルファ碁」が5月23〜27日に3回対戦し、人間は1勝もあげることができなかった春夏秋冬

▼囲碁は着手の選択肢が桁違いに多く複雑なゲームなので、AIがトップレベルの棋士に勝つのはかなり先だと言われていた。ほんの2年前まで、ハンディなしでは勝負にもならなかった。ところが去年3月、南朝鮮の李世ドル九段に4勝1敗で勝ち越し、囲碁界に衝撃が走った。「アルファ碁」はその後、精度をさらに高め、年末には各国のトッププロ棋士を相手に60戦全勝を果たした

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)