Facebook

SNSで共有

朝鮮学校取り巻く情勢学ぶ/東京中高学区教育研究集会

講演に耳を傾ける教員たち

東京中高(高級部)を学区とする朝鮮学校教員たちの教育研究集会が、6月24日、東京中高で開かれた。東京、埼玉、千葉から180人余の教員および関係者が参加した。

集会ではまず、朝鮮大学校の李柄輝准教授が、朝鮮半島を取り巻く最近の情勢について講演した。

李柄輝准教授は、金正恩委員長が示す朝鮮の国家戦略をはじめ、米、中、日、露など関係国と南朝鮮の動きを分析。朝鮮のこうした方針が、90年代に崩れかかった東西のパワーバランスを補い戦争を食い止める役割を果たしたと説明した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)