Facebook

SNSで共有

注目集めたユニークな企画/東京中高文化祭の会場で

11日に行われた東京中高文化祭で特に目を引いていたのが「カッパ」だ。何匹ものカッパが会場内を歩き回り、参加者たちの「夢」を聞いてまわっていた。

夢の書かれた凧を揚げた

その正体は、アーティストの遠藤一郎さんを中心とした「カッパ族」のメンバーたち。遠藤さんはカッパに扮して全国の街に出没し、「カッパ師匠」として活動するかたわら、人々の夢が書かれた凧を繋げて空に揚げる、連凧プロジェクト「未来龍大空凧」も行っている。この日も参加者たちの「夢」が書かれた120の凧が、空を舞っていた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)