Facebook

SNSで共有

輝かしい実績、悲願の全国制覇へ/大阪闘球団「千里馬クラブ」

チームの伝統を再び

悲願の全国制覇を目指す「千里馬」のメンバーたち(写真提供=千里馬クラブ)

公式戦出場が認められていなかった大阪朝高ラグビー部のOBを中心にして、1980年に結成された大阪朝鮮闘球団「千里馬クラブ」。過去には日本のクラブシーンで数々の輝かしい成績を残し、その名を全国区に轟かせていた。近畿クラブリーグに所属している今年は、4年ぶり15回目の全国出場、悲願の全国制覇を目指して日々の練習に汗を流している。

タックルしては走り続け

朝高生が下校したはずの大阪朝高のグラウンドにライトが灯り、砂埃が舞っていた。毎週、木曜日(20時~21時30分)と土曜日(19時30分~21時)の練習には約20人が集う。

ウェイトトレーニングやインターバルダッシュに取り組むメンバーたち。心拍数が上がり息が切れる。練習は「前半40分」を終え、後半戦に突入。戦術を確認すると最後には再び走りこみのメニューが待っていた。「80分走らな勝てんチームやぞ!」。金勝之監督(41)の檄がグラウンドに響く。

朝高で行われる練習で汗を流すメンバーたち

「試合の最初から最後まで走り続けて、タックルしては何度も立ち上がる泥臭いラグビーこそがチームの伝統」。(金監督)。まさに、一日に千里を駆けるという疲れ知らずの馬のように。チーム名の由来がそこにある。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)