Facebook

SNSで共有

元沖縄県知事大田昌秀氏が死去/朝鮮半島との平和な隣人関係希求

軍事力ではない「人間の安全保障」を訴え

元沖縄県知事の大田昌秀氏が、12日、呼吸不全と肺炎のため死去した。享年92。生涯を沖縄の基地問題の解決と東アジアの平和の実現に尽くした希有な政治家だった。知事在職中の95年には、米兵による少女乱暴事件が発生。県民の反基地感情が激化する中、大田さんは橋本龍太郎首相(当時)に普天間基地の即時返還を要求。政界引退後は、那覇市に沖縄国際平和研究所を開設し、理事長に就任。沖縄戦関連の写真などの資料を所蔵・公開し、沖縄戦の惨さを後世に伝えた。17年にはノーベル平和賞の候補に。

お元気な頃の大田元沖縄県知事

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)