Facebook

SNSで共有

南日「合意」の再交渉促す/国連拷問禁止委員会報告書

南のメディアによると、国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、報告書の中で日本軍性奴隷制問題を巡る南日「合意」の内容を見直すよう勧告し、両政府に再交渉を促した。

同委員会は南朝鮮関連の報告書の中で、南日「合意」について「被害者に対する補償や名誉回復、真相解明、再発防止の約束などについては十分なものとは言えない」と指摘。その上で、被害者への補償と名誉回復が行われるよう両政府は「合意」を見直すべきだとし、再交渉を促した。

委員会は南日「合意」以前まで、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)