Facebook

SNSで共有

ヘイトスピーチ対策法成立から1年、院内集会開かれる

反差別の旗をあげ闘おう

ヘイトスピーチ対策法の成立から今年で1年を迎えることと関連し、10日、院内集会「ヘイトスピーチ解消法成立1年~求められる人種差別撤廃基本法~」が参院議員会館で行われた。(主催=人種差別撤廃基本法を求める議員連盟・以下、議連)

集会では対策法成立後のヘイトスピーチの実態や課題について報告が行われた。

95年の人種差別撤廃条約批准から約20年。昨年日本でようやく施行された同法は、これまで野放しにされ続けた差別排外行為を規制をする契機となったものの、各地での街頭宣伝やネット上での差別など、成立後も依然、社会的弱者の人権がないがしろにされる状況が醸成されるなど、根絶に向けたより具体的な対策が求められている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)