Facebook

SNSで共有

65選手が熱戦、2020向け強化部新設/大阪で第11回空手道選手権

在日本朝鮮人空手道協会が主催する「第11回在日本朝鮮人空手道選手権大会」が4月30日、大阪朝鮮文化会館で行われた。体連の李清敬副会長兼理事長、空手道協会の康和正会長(朝鮮空手道連盟副委員長)、大阪体協の康浩奉会長などの役員、初級部から社会人までの65選手を含む保護者や関係者ら160余人が参加した。

高い技術を持った同胞選手が集結した選手権大会(写真は一般女子組手決勝)

一般男子の軽量級(60キロ以下)、中量級(70キロ以下)、重量級(70キロ以上)、一般女子、高級部男子、高級部女子、中級部男子、初級部の5、6年生、3、4年生、1、2年生、初級部女子高学年の組手競技、朝・日小学生による親善試合、朝・日選手による記念演武(形演武)が行われた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)