Facebook

SNSで共有

定期的、継続的に知らせる/京都同胞生活相談総合センターの情報紙

総聯京都府本部「同胞生活相談総合センター」運営委員会では昨年11月から情報紙「京都同胞生活ニュース」を発行している。

情報紙は、総聯による同胞の権利擁護と生活向上のための活動が行われていることを定期的、継続的に知らせようという趣旨で作られている。運営委員であるセンターの姜主淳所長(総聯本部副委員長兼南支部委員長)、具用九副所長(総聯本部権利福祉部長)、金秀煥事務局長(総聯南山城支部委員長)、そして朝青、女性同盟、留学同、商工会、金剛保険の代表たちは月に1回集まってテーマ協議をし、各専門分野を生かして記事の担当を決め、それを集計して発行するという作業を繰り返している。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)