Facebook

SNSで共有

〈ウーマン・ヒストリー 29〉母子保健医療の先駆者/韓晨光(下)

朝鮮看護婦協会の設立

韓晨光

韓晨光が務めていた泰和診察所では1924年5月3日、生後3カ月から5歳までの幼児を対象にした無料健康診断を行った。この時、主催側の想像をはるかに超える500人の子どもたちが集まり、泰和診察所存在を社会に広くアピールするものとなった。

この時、医者も参加し、子どもたちの健康診断の結果から1、2、3等を選び、賞品を与えたという。朝鮮歴史上初の優良児共進大会であった。その後もこの無料健康診断は年中行事に定例化され、近代的養育と保健知識の普及に一役を買った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)