Facebook

SNSで共有

戦友たちが贈る言葉/安英学と歩んだ朝鮮代表での日々

「輝かしい活躍を忘れない」

3月17日に現役引退を発表した安英学さん(38)は02年から12年まで朝鮮代表としてプレーし、2010年W杯南アフリカ大会の舞台にも立った。39試合に出場し3ゴールを記録した実績はもちろんのこと、優れた人間性を示して同胞選手の存在価値を高めた。代表関係者たちは安さんと共に歩んだ日々を感慨深げに振り返った。

代表のチームメートたちと写真に収まる安さん(前列右、写真=盧琴順)

信頼関係の土台

安さんが代表初キャップを刻んだのは02年9月、ソウルで行われた北南親善サッカー大会だった。出番は後半残り5分のみ。本人は当時、代表チームで活躍できなければ同胞選手たちの代表への道が閉ざされてしまうという危機感を覚えていたという。

代表のコーチ陣に同胞選手の起用を進言していた在日本朝鮮人サッカー協会の李康弘理事長は回想する。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)