Facebook

SNSで共有

シリア空爆の思惑 

米国のトランプ政権はシリア政府軍が化学兵器を使用したとして同国へのミサイル攻撃を行った。アサド政権に非があるといくら強弁しても、今回の空爆が国際法違反であり、主権国家に対する侵略行為であることに変わりはない。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)