Facebook

SNSで共有

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 24〉ツルクイナ

ツル目クイナ科の鳥。「クイナ」は漢字で「水鶏」と書く。その名の通り湿地やヨシ原、水田などに生息する。朝鮮では全国で見られるようだ。鶏に似てるが、オスは全身が黒っぽく、嘴から頭頂部にかけて真っ赤な「額板」があり、ちょっとお洒落。クイナ類の特徴であるが、足指が異様に長い。長い指で不安定な湿地を歩くツルクイナの姿をぜひ博物館で。

(李景洙・朝鮮大学校理工学部准教授)

「ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム」関連記事