Facebook

SNSで共有

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 22〉ヤマショウビン

ブッポウソウ目カワセミ科の野鳥である。川や湖のほとりの樹林に生息し、カエルやカニ、昆虫などを捉えて食べる。世界的にカワセミ科の鳥は82種いるそうだが朝鮮にはそのうち3種が生息する。頭部と肩の部分が黒いが青紫の翼がとても鮮やか。太く長い嘴がカワセミ科の鳥だと主張しているようだ。朝鮮半島中部から南部に夏鳥としてやってくる。

(李景洙・朝鮮大学校理工学部准教授)

「ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム」関連記事