Facebook

SNSで共有

〈2017年度入学式〉新年度スタート、ピカピカの一年生/栃木初中新入生オモニたちの思い

栃木初中と栃木同胞社会では4年ぶりに新入生を迎え、お祝いムードが盛り上がっている。新たな生活に胸を高鳴らせているのは初級部1年生の安世成さんと梁正義さんだけではない。その親たちもまたはじめての子どものウリハッキョ入学とあって期待と不安の4月を送っている。2人の新入生オモニたちの思いを紹介する。

ピカピカのランドセルを背負った新一年生

ようやく立てたスタートライン/安世成さんのオモニ・張玉蓮さん

待ちに待ったわが子の入学式は、栃木同胞の愛情(サラン)で溢れていた。真っ白なペンキで塗り直され、新しく様変わりした教室をはじめ、あちらこちら歓迎ムードでいっぱいだった。入学式当日は、新入生2人のために同胞、学生たちが大勢集まってくれて、それはそれは豪華な入学式だった。

正直、入学式を迎える当日まで、母親である私には(本当にこれでよかったのか?)との不安もあった。しかし、幸せいっぱいのわが子の笑顔を見て、不安は全てどこかへ飛んでいった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)