Facebook

SNSで共有

〈朝鮮・マレーシア共同声明歓迎談話〉両国を法的に拘束する国際文書/家正治

2017年2月17日にマレーシア国際空港で朝鮮民主主義人民共和国公民が死亡したことによって発生した問題につき、会談を行った朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮)とマレーシアの両代表団は、3月30日に共同声明を発表し、両国間の同問題の懸案事項は解決された。共同声明は条約形式ではないが、両国を法的に拘束する国際文書である。

第2次世界大戦後の現代国際法のもっとも重要な特徴は、国連憲章が規定するように武力による威嚇と武力行使の禁止および国際紛争の平和的解決である。国際紛争の平和的解決のもっとも原始的な方法である直接交渉によって問題解決を行った両国の外交努力に衷心より敬意を表するものである。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)