Facebook

SNSで共有

〈ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム 19〉ワシミミズク

ユーラシア大陸に広く生息するワシミミズクはフクロウの仲間で、夜音を立てずに羽ばたき獲物を捉える。とても大きく、翼を広げると1.8メートルになることもあるという。獲物に襲いかかるように身をよじらせた剥製の巨体はかなり迫力がある。フクロウの仲間は朝鮮に12種生息するが、当博物館には4種の剥製が展示されている。

(李景洙・朝鮮大学校理工学部准教授)

「ようこそ!朝大・朝鮮自然ミュージアム」関連記事