Facebook

SNSで共有

【インタビュー】“スポーツは北南の触媒的役割果たす”/国際オリンピック委員会・張雄委員

同胞体育界に大きな期待

児童たちに歓迎をうける張雄委員(写真:盧琴順)

20年間、国際オリンピック委員会(IOC)の委員を務めている張雄さん(79)は、各国のIOC委員や政治、スポーツ界の重鎮たちと太いパイプを築き、五輪や朝鮮及び同胞スポーツ界の発展に寄与してきた。2002年から15年まで国際テコンドー連盟(ITF)の総裁を務めた後、名誉総裁の役職に就いた。これまでの活動や、様々な面でのスポーツの可能性について聞いた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)