Facebook

SNSで共有

〈札幌アジア大会〉朝鮮は国別メダルランキングで5位/熱戦に幕下ろす、国際大会での活躍誓う

銅メダルに輝いたリョム・デオク、キム・ジュシク選手(右端)

【札幌発=李永徳、盧琴順】2月19日から26日にかけて札幌・帯広両市で行われた「第8回冬季アジア競技大会」が幕を下ろした。今大会ではショートトラックとフィギュアスケートペア競技に朝鮮代表が出場し、フィギュアのリョム・デオク、キム・ジュシク選手が銅メダルを獲得した。国別メダルランキングは5位となった。朝鮮選手が日本で行われる冬季アジア大会に出場するのは、2003年に青森で行われた第5回大会以来、3大会ぶりだった。

26日には真駒内セキスイハイムアリーナで閉会式が行われた。

入場行進した朝鮮選手団のメンバーは同胞応援団に気づくと朝鮮国旗を振りながら笑顔で応えた。キム選手はリョム選手をリフトで持ち上げて大きくアピールし、同胞たちと喜びを分ち合った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)