Facebook

SNSで共有

朝鮮公民死亡問題でマレーシアを非難/朝鮮法律家委員会代弁人

“遺体剖検強行は自主権侵害”

「南朝鮮がシナリオ作った」

朝鮮法律家委員会のスポークスマンが22日、マレーシアで朝鮮の公民が死亡した問題をめぐり不当な行為を働いたマレーシア当局を非難する談話を発表した。

談話は、13日にマレーシアで外交パスポート所持者である朝鮮の公民が航空機搭乗前に急にショック状態になって病院へ移送される途中死亡したことを受け、当初マレーシアの外務省と病院がマレーシア駐在朝鮮大使館に心臓ショックによる死亡であることを確認し、遺体を朝鮮大使館に移管して火葬すると通報してきたことに言及。これに応じて大使館側が死者の身分を確認し、遺体を移管することを求めたと述べた。

しかし同日夜、南朝鮮の保守メディアが「政府消息筋」によるものだとして誰それによる「毒殺」を主張するやいなや、マレーシア秘密警察が介入してそれを無鉄砲に既定事実化し、遺体の剖検(=病理解剖のこと)問題を提起したと明らかにした。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)