「これ以上、子どもを犠牲にしないで」/埼玉県の補助金停止から7年


同胞と日本市民が街頭アピールと要請

埼玉初中保護者のオモニたちも、仕事を休んで県庁にかけつけた

「朝鮮学校の補助金凍結は差別です」「埼玉弁護士会の警告に従って」―。

2010年度から埼玉朝鮮学園への補助金を止めている埼玉県に対し、2月20日、同胞保護者、「外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク埼玉」をはじめとする日本市民約70人が埼玉県庁前(さいたま市浦和区)で支給再開を求めアピールを行った。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ