Facebook

SNSで共有

沖縄から学ぶ―辺野古から金曜行動を思う/金真美

「絶望している暇なんかないさぁ」

米軍新基地建設に反対する今年初の抗議行動(5日、米軍キャンプシュワブの前で)

米軍新基地建設に反対する今年初の抗議行動(5日、米軍キャンプシュワブの前で)

名護市辺野古への米軍新基地建設に反対する今年初の抗議行動は、1月5日、まだ夜が明けない早朝6時半から始まった。その日は朝から冷たい雨が降り始めていた。

まず始まったのは数十台の大型トラックが国道に出られないように搬入に使用しているゲート前を練り歩くこと。1分1秒でも工事を遅らせるための、文字通り血の滲むような闘いが続けられているのだ。ぐるぐるとゲート前を数人で旋回しだすと、「おはよー」「久しぶり、元気?」というあいさつとともに、どんどん人がその輪に集まってくる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)