Facebook

SNSで共有

明日香村を宮島・元同志社大教授と歩く

キトラ天文図は、平壌周辺の星空か/発見から34年・朝鮮半島の影響色濃く

キトラ古墳の4面マルチ高精細映像。天文図や四神・玄武(北壁)などが映し出されている

キトラ古墳の4面マルチ高精細映像。天文図や四神・玄武(北壁)などが映し出されている

「うわー、きれいな夜空だね」

「すごい、北斗七星やオリオン座もあるね」

こんな、親子の弾むような会話が交わされるのは、昨秋オープンした奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園にあるキトラ古墳壁画体験館「四神の館」である。ここは、特別史跡・キトラ古墳(7世紀末~8世紀初)に隣接し、わかりやすく楽しんで学べる体感型のユニークな施設。キトラ古墳の石室の天井に描かれた天文図は、本格的星図に近いものとされ、朝鮮半島の影響が色濃いと言われている。紅葉で美しい11月の半ば、キトラ古墳と「四神の館」を宮島一彦・元同志社大学教授(東アジア天文学史)と共に、訪ねた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)